ホームJA庄内みどりの概要施設案内お知らせお問い合わせ関連サイト
営農関連
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

トップ  >  生産履歴記帳運動

 「生産履歴記帳運動実施計画」 

「安全・安心な農作物づくりのために」平成29年産JA庄内みどり米・大豆生産履歴記帳運動について

1. 目 的
   米・大豆の生産に係る履歴の記帳は、消費者の健康的な食生活と、自然環境を保全したいとの農業者の志向を表現する取り組みです。この取り組みによって米・大豆の生産や集荷、保管、輸送等のすべてのステージにおける品質管理が行われるようになり、取引先・実需者の信頼をも得て、安定した販売量を確保することができます。
そこで当JAは、山形県やJA全農山形との連携の下、JAと生産者が一体となった「平成29年産JA庄内みどり 米・大豆生産履歴記帳運動」を展開し、100%記帳達成に向けて取り組みます。

 
2. 生産履歴記帳運動骨子
 
1)運動期間   平成29年3月20日 ― 平成30年3月19日
2)運動対象者   JAに出荷する全生産者
3)運動対象品目   平成29年産米、ならびに大豆

 
3. 生産履歴記帳運動の内容
 
1) 生産基準の設定(米・大豆)
3月
  各生産組織は生産者との協議の上、地区の生産環境や販売環境を踏まえ、「生産基準」(防除計画、施肥基準)を設定する。  
  基準設定に際しては、関係法令を遵守して作成する。

 
 
2) 栽培協定書の提出と圃場確認(米・大豆)
6月末日
  生産者はJAに、それぞれの生産基準に従った生産管理を行うことを確約する「栽培協定書」を提出する。  
  生産者は品目ごとに生産する圃場について、農業共済台帳への記載を再確認する。  
   

 
 
3) 栽培履歴記録書の記帳、および提出(米)
6月末日
  生産者は、5月下旬の除草剤散布までの生産記録を記入し、JAに提出する。  
  JAはJA米の対応を踏まえ、栽培管理当初から種子および苗の購入先の調査を行い、分別等の準備を行う。  
   
 
4) 平成29年産米 栽培履歴記録の記帳、および記帳推進(米)
3 - 9月
 
生産者は正確な履歴記録を行うために、それぞれの作業が終了次第、作業内容の記帳を行う。
 
  JAは定期的に記録の確認を行い、記帳指導を行うとともに、組合員とのふれあいの場を創設する。  
  【点検の目安】
回数 時期 ポイント 対処方法

1回目

田植え ―
生育初期
育苗期の農薬の使用法、ならびに計画どおりの作付けかを確認する。 記帳の徹底、ならびに基準から逸脱しないよう指導する。
2回目 最終防除 ―
収穫前
(施設利用者)
施設利用者の記帳結果を点検し、収穫物が当該品として搬入できるか確認する。 基準が遵守されていない圃場や、記帳されていない圃場の収穫物は区分して収穫するよう指導し、法令に抵触するような重大な過失があった場合は、搬入停止とする。
最終防除 ―
収穫前
(個人調製者)
個人調製者の記帳結果を点検し、収穫物が当該品として集荷できるか確認する。

3回目

最終確認

記載内容を地区担当者確認後に上席者が内容の検証を行う。 記載内容に不備が無いか確認し、不備がある場合は、地区担当者へ確認・指導を行う。
  生産者は、直筆した「農作業記録書」が、その履歴を担保するに足りる重要な証拠書類であるため、3年間は保存する。

 
 
5) 栽培履歴記録書の記帳、及び提出(米・大豆)
9月
(収穫前)
 

栽培履歴記録書には、生産者ごとに住所・氏名・電話番号・品種名・予約資材名などを印字し、予約者の記入労力軽減を図るとともに、当用者に対する予約推進効果を狙う。

 
  生産者は「農作業記録書」に基づき、「栽培履歴記録書」に記帳し、提出する。  
  JAは、記録書の内容を確認し、集荷、分別を行う。

 
 
6) 書類整備  
  整備・保管する書類は以下のとおりとする。  
 
  1. 栽培協定書(営農課別、支店別)
  2. 栽培履歴記録書(営農課別、支店別)
 
  保存期間は3年間とする。  
  取引先・実需者からの情報開示にいつでも対応できるよう整備・保管しておく。

 
 
4. 入庫,保管,出庫
 
1) 栽培履歴記録書の提出によって区分管理する。
2) この計画に基づき、栽培履歴を記帳したものは「JA米」の生産履歴記帳要件を満たすものとする。

 
5. 監査体制の整備
 
1) 正確な生産履歴記帳を推進するために、実施状況等に関する定期的検査を実施する体制を整備する。

前
営農情報
カテゴリートップ
営農関連
次
購買取引データ提供


 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    反社会的勢力への対応に関する基本方針         金融円滑化にかかる基本方針       苦情処理措置(JAバンク)       苦情処理措置(JA共済)    
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画       金融商品の勧誘方針     個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務  

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved