ホームJA庄内みどりの概要施設案内お知らせお問い合わせ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 厳しい目で選別徹底を ミニトマト「アンジェレ」出荷目ぞろえ会
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2016/07/08 (1026 ヒット)



 JA全農山形は7月5日、三川町の園芸産地拡大実証試験農場でミニトマト「アンジェレ」の出荷目ぞろえ会を開きました。「アンジェレ」は農薬や種子の開発、販売を手掛けるシンジェンタ社が種子を開発し、国内ではJA全農に独占供給している品種。今年度、庄内地区では同農場の他に2法人と24人の生産者が約1.5haで栽培しています。夏秋採りは7月下旬に出荷ピークを迎え、11月末まで続く予定。全量が契約取引を結ぶJA全農青果センター株式会社に出荷されます。
 生産者やJA全農山形、庄内地区のJA担当者など約40人が参加。JA全農山形の担当者が出荷規格を説明し、JA全農青果センター株式会社神奈川センターの担当者は、実物を用いて選別の手本を見せました。サイズや着色、形状などを参加者と確認しながら選別方法を示し「出荷ピークに備え、今から厳しい目で選別してほしい」と呼び掛けました。参加者はサンプルで品質を確認したり、糖度計で糖度を測ったりして出荷に備えていました。
 ミニトマト「アンジェレ」はゼリー質が少なく、ヘタがないため食べやすいのが特長。JA全農山形では、平成26年に園芸産地拡大実証試験農場を設置して栽培を始めました。同農場では、JA全農が開発したトロ箱式養液栽培システム「うぃずOne」や、総合的雑草・病害虫管理(IPM手法)など、新しい技術や資材を取り入れたトマトやパプリカ、長ねぎの実証試験栽培を実施しています。




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    反社会的勢力への対応に関する基本方針         金融円滑化にかかる基本方針       苦情処理措置(JAバンク)       苦情処理措置(JA共済)    
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画       金融商品の勧誘方針     個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務  

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved