ホームJA庄内みどりの概要施設案内お知らせお問い合わせ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 水田農業政策の確立を、県選出国会議員と各市町長に訴え
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2017/10/11 (198 ヒット)


▲政府への要請を読み上げたJA山形中央会阿部茂昭副会長
 
 JAグループ山形は9月11日、山形市民会館で「水田農業政策の確立に向けた山形県JA代表者要請集会」を開き、県内から約1000人が集まり、出席した県選出国会議員6人に、平成30年産以降の米政策見直しで、農業再生協議会の十分な機能発揮に向けた環境整備などを政府に強く働き掛けるように求めました。当JA役職員や生産者約80人が出席しました。
 JA山形中央会の長澤豊会長は「生産現場には不安と動揺が広がっている。主食である米の生産を競争原理に委ねることなく、行政の積極的な関与と指導の下、全ての産地・生産者などによるオール日本・オール山形・オール市町村で需給調整に取り組む必要がある」と強調しました。
 阿部茂昭副会長が、▽再生協議会が機能を発揮できるような環境整備、▽需要に応じた生産に取り組むための全国組織の設置を早急に進めること、▽水田活用の直接支払交付金を恒久的な措置とし、地域の裁量による活用を可能にすること、▽米の直接支払交付金(7,500円/10a)が廃止されるなかで、その財源を需要に応じた生産と、そのことに取り組む生産者の所得向上につながるよう、水田農業政策の総合的な充実・強化に活用することなど、7項目を政府へ要請しました。
 また、市町村に対しても一斉に要請運動を展開しており、阿部組合長は9月12日、JAそでうらの五十嵐良弥組合長とともに酒田市を訪れ丸山至市長へ、21日には遊佐町の時田博機町長に要請を行いました。




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    反社会的勢力への対応に関する基本方針         金融円滑化にかかる基本方針       苦情処理措置(JAバンク)       苦情処理措置(JA共済)    
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画       金融商品の勧誘方針     個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務  

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved