ホームJA庄内みどりの概要施設案内お知らせお問い合わせ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 花きの魅力を産地から発信、花き部会がフラワーショーと全体学習会を開催
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2017/10/11 (80 ヒット)


▲フラワーショーには色鮮やかな花きが並びました

▲産地と消費地それぞれの立場からさまざまな意見が出ました
 
★受賞者は次の通り(敬称略)
金賞 =冨樫憲子 (八幡  トルコギキョウ)
銀賞 =高橋正幸 (東平田 野バラ)
    佐藤竜二 (西遊佐 カスミソウ)
    土門進  (蕨岡  トルコギキョウ)
    飯塚将人 (本楯  小菊)
特別賞=三井菊雄 (浜中  ケイトウ)
    高橋晃  (稲川  OHBユリ)
 
 当JA花き部会は9月19日から22日の日程で、フラワーショーと花き部会全体学習会を開催しました。
 酒田市役所を会場に行われたフラワーショーでは、トルコギキョウやケイトウ、カスミソウなど43点が出展され、20日にはJA全農山形などによる品評会が行われ、金賞、銀賞、特別賞が選ばれました。市役所を訪れた人たちも立ち止まっては、色鮮やかに咲き誇る花々にすっかり魅了されていました。
花き部会全体学習会は、21日にホテルリッチ&ガーデンで行われ、東京の市場?オークネット・アグリビジネスの尾崎進社長をはじめ、市場関係者や県酒田農業技術普及課職員など50人が参加しました。
 フラワーショーの受賞者への表彰と講評のほか、部会員と市場関係者による意見交換会が行われ、市場関係者が市場のニーズや今後求められる商品についての要望が寄せられ、部会員からは「需要に応えたいが、さまざまな状態の商品を出荷したい産地の現状もある。互いに納得いく方法はないか」など、産地と消費地それぞれの立場から、さまざまな意見が交わされていました。
 




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    反社会的勢力への対応に関する基本方針         金融円滑化にかかる基本方針       苦情処理措置(JAバンク)       苦情処理措置(JA共済)    
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画       金融商品の勧誘方針     個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務  

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved