ホームJA庄内みどりの概要施設案内お知らせお問い合わせ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 緑白綬有功章を受賞 (株)和農日向の阿曽千一さん
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2017/12/28 (1165 ヒット)


▲阿部組合長に受賞報告に訪れた阿曽千一さん(右)
 
 酒田市下黒川の阿曽千一さんが公益社団法人大日本農会の平成29年度農事功績者表彰で、緑白綬有功章を受賞し11月15日、東京都で賞章と賞状を受け取りました。県内では阿曽さん含め2人の受賞。30日には当JAに受賞報告に訪れ、喜びを語りました。
 阿曽さんは、中山間地の立地条件を活かし、水稲とソバの作付けを行う集落営農組織を株式会社化し、地域農業をけん引。機械化を進め、水稲の直播栽培を導入するとともに、防除の外部委託などにより省力化、経営の効率化を実践しています。
また、中山間地の担い手として農地と集落を維持する(株)和農日向(わのうにっこう)を設立し、代表取締役として経営に貢献。WCS用稲や堆肥の交換など耕畜連携モデルの確立し、普及に貢献。障害者に就労の場を提供、地域の除雪の受託など地域活性化に貢献したことが評価されました。
 阿部組合長に受賞を報告した阿曽さんは「受賞は支援いただいた皆さんのおかげ。農地を荒らしては駄目との思いで続けてきた。社会保険や雇用保険を備え、地域から20?40代3人を雇うことができた。今後も、若い人を地域に留めることができるよう、就農する機会を作っていきたい」と抱負を語りました。
 同賞は公益社団法人大日本農会が明治27年に制定してから続けられ、今年で101回目。歴代総裁宮殿下の名前で表彰が行われています。農業において新しい技術や経営改善に挑戦し、素晴らしい経営を築いている人や、地域のリーダーとして、技術の導入や普及、産地形成、青年農業者の育成などに貢献した人を表彰しています。




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    反社会的勢力への対応に関する基本方針         金融円滑化にかかる基本方針       苦情処理措置(JAバンク)       苦情処理措置(JA共済)    
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画       金融商品の勧誘方針     個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務  

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved