ホームJA庄内みどりの概要施設案内お知らせお問い合わせ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 大豆の変身通して「食のめぐみ」学ぶ 女性部遊佐地区が小学校で豆腐作り
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2018/03/13 (419 ヒット)


▲アドバイスを受け豆乳を絞る児童

 女性部遊佐地区は1月29日、遊佐小学校で3年生の児童24人と豆腐作りを行いました。
 豆腐作りは同小学校の3年生が学ぶ「遊佐の食のめぐみ」の授業の一環として行っており、地産地消や食育を大豆の変身を通して学習するもの。大豆は同部の高橋久美子部長の家で栽培したものを使用し、部員11人が講師となり、児童と作業に取り組みました。
 授業では、水に浸した大豆をミキサーにかけすり潰した「生(なま)呉(ご)」を作るところから始め、「生呉」を煮て豆乳を絞り、にがりを打ち、型箱に入れるまでの作業を行いました。
 冬場は気温が低く、豆腐が固まりにくくなるため、部員は「にがりを打つ前に豆乳の温度をしっかり上げておくのがポイント」とアドバイス。児童は豆乳に温度計を浸し、慎重に温度の推移を見守っていました。にがりを打った後、おぼろ豆腐を全員で試食すると、児童たちは「家で食べるのと味が全然違う」と大喜びで話していました。
 高橋久美子部長は「地元で取れた大豆がどうやって豆腐になるのか知ることが大切。遊佐の大豆を食べて元気に過ごして」と児童に呼び掛けていました。




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    反社会的勢力への対応に関する基本方針         金融円滑化にかかる基本方針       苦情処理措置(JAバンク)       苦情処理措置(JA共済)    
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画       金融商品の勧誘方針     個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務  

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved