ホームJA庄内みどりの概要施設案内お知らせお問い合わせ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 環境保全と地域振興の両立を 共同宣言事業講演会を開催
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2018/05/14 (1003 ヒット)


▲講演する秋田大学教育文化学部林教授


▲講演を聴く参加者たち
  
 平成25年に「地域農業と日本の食料を守り、持続可能な社会と地域を発展させる共同宣言」を締結し、共同宣言事業の推進に向け連携している遊佐町と生活クラブ連合会、当JAは4月12日、同町のパレス舞鶴で共同宣言事業講演会を開催しました。生産者や同連合会、町民、JAの関係者など80人が参加。秋田大学教育文化学部の林武司教授が「水からみた鳥海山の環境・資源・文化」と題して講演し、水と鳥海山を中心とした同町の環境の特出性を学びました。
 林教授は同町の水環境や文化・信仰が水と鳥海山に由来していると説明し、「遊佐の生活、産業、文化は水と鳥海山とともにあり、そこが遊佐らしさと言える。環境を保全する努力を続け、そのうえで地域振興を図る資源として活用することが求められている」と呼び掛けました。
 講演会参加者は「遊佐で生まれ育ったが、自分の生活は水と鳥海山がベースだと改めて気付かされた。今の環境が特別なものであることを忘れずに、環境保全と地域の発展の両立に努めたい」と話していました。
 翌日には町役場で総会を開催し平成29年度事業報告と平成30年度事業計画を協議しました。




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    反社会的勢力への対応に関する基本方針         金融円滑化にかかる基本方針       苦情処理措置(JAバンク)       苦情処理措置(JA共済)    
次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画       金融商品の勧誘方針     個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務  

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved