ホームJAの概要施設案内お問合せ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 安定収量確保へ 千俵の会が土づくりの重要性学ぶ
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2019/04/11 (253 ヒット)


▲土づくりの重要性を述べる佐藤会長

▲あいさつする佐々木新会長(右)と新役員

 JA庄内みどり千俵の会は2月28日、通常総会と講演会を開き、平成31年度は需要に応じた米の生産と省力・低コスト技術の追求による経営安定を目指すことなどを確認しました。
 佐藤修会長は「30年産米は気象変動に悩まされ、いまだかつてない減収となり、改めて土づくりが重要であると認識した年だった。同会員の面積はJA管内の34%にのぼり、1人ひとりの安定収量確保が大切。31年産は今回の講演を活かし、JAと連携を図りながら努力を続けよう」と呼び掛けました。
 講演会は株式会社農村通信社の松浦一宇(いちう)取締役が「良質米の安定多収なくして経営の安定はありえない!」と題して講演。
 異常気象に負けない土づくりが重要であるとして「施肥効率を向上させるには、てんろ石灰など土づくり肥料の施用で土壌の水素イオン指数(pH)の低下を改善することが必要」と指摘しました。
 役員改選があり、新会長に佐々木昇さんが就任しました。
他の役員は次の通り。(敬称略)
▽副会長=阿部健五(新)、冨樫寛行(新)▽相談役=小松秀弥(新)、白石俊彦(再)、阿部雄太郎(新)、佐藤修(再)




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    マネー・ロンダリング等および反社会的勢力への対応に関する基本方針      金融円滑化にかかる基本方針      苦情処理措置(JAバンク)   
  苦情処理措置(JA共済)      金融商品の勧誘方針      個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務      SNS運用方針   

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved