ホームJAの概要施設案内お問合せ関連サイト
業務案内

 

  庄内みどり ファン倶楽部

  「産直いちば あんべみれ」

  「マルノー山形ネットショップ」

  「JA庄内みどり 園芸専用HP」

  「やすらぎホール さかた」

  「やすらぎホール みどり」

  「みどりサービス」

  「燃料情報」

最新情報 : 【JA庄内みどりメールマガジン】 ◆水稲の除草剤散布は遅れずに!/●大豆の播種は適期内に!
投稿者 : kohouser 投稿日時: 2019/05/16 (293 ヒット)

【水稲】
 ノビエ等のイネ科雑草は、発芽してからの出葉速度が水稲よりも早いので、初期除草剤を使用していない場合は、一発除草剤は遅れないように散布しましょう。
◆アオミドロ、表層剥離の発生が見られる場合は、必ず水の交換を行ってから散布しましょう。
◆除草剤散布にあたっては尻水口や畦畔の漏水対策を踏まえ、散布時は5cm以上の水深を確保し、散布後3日間は水の出入りをさせないことが、除草剤効果を高める重要ポイントです。
◆除草剤散布後の降雨により、水のオーバーフローなどで除草剤処理層の形成に支障をきたすため、天気予報も考慮し散布しましょう。
◆フロアブルやジャンボ剤の強風下での使用は、一時的に薬液が風下に偏ることで、拡散に時間を要し除草効果や稲に影響を及ぼす懸念がありますので極力避けましょう。

【大豆】
 大豆作の重要なポイントは「PH矯正」「排水対策」「雑草対策」「病害虫防除」です。これらを確実に行うことが高品位多収大豆生産の基本であります。
●大豆の播種適期は5/20?6/10です。本格的な梅雨入りの前に1回目の培土作業を行うためにも、計画的な作業で適期内播種に努めましょう。
●大粒品種の「里のほほえみ」については、10a当りの播種量が5.0?5.5kg程度必要となります。
●播種量が不足しないよう播種機のスプロケットの調整と種子量の確保にご留意下さい。
●「里のほほえみ」の特大粒種子が配達された場合は、別途専用目皿への交換が必要となります。
●ネキリムシ類の被害予防のため、種子への薬剤処理または播種時・定植時に薬剤防除を行って下さい。





■■メルマガ登録方法■■

  登録者の携帯やパソコンにタイムリーに情報発信しております。

  1.空メールをjamidori@star7.jpへ送る
  2.登録手続き用のメールを受信したら必要事項を入力し、登録ボタンをクリック

  以上で完了です。




 定款変更のお知らせ    個人情報保護方針      情報セキュリティ方針     個人情報保護に関する法律に基づく公表事項等    利益相反管理方針 
    マネー・ロンダリング等および反社会的勢力への対応に関する基本方針      金融円滑化にかかる基本方針      苦情処理措置(JAバンク)   
  苦情処理措置(JA共済)      金融商品の勧誘方針      個人情報の主な取得元および外部委託している主な業務      SNS運用方針   

JA庄内みどり 〒998-8510 山形県酒田市曙町一丁目1番地 TEL 0234-26-5500

© 2010 JA Shonai Midori All Rights Reserved